スマホを使っていると「何だか最近、広告が増えたなぁ」とか「この広告ウザイ!」って思うことがありますよね。

しつこい広告をぜ~んぶ消せたらいいのに・・・と思いませんか?
もちろん無料で。

ネット上には、広告を表示させないための、様々な手段が紹介されています。
ですが、たくさんありすぎて、どれがベストなのか分かりにくいのが実情。

この記事では、私がいろいろと試してみた結果、 最も効き目のあった迷惑広告のブロック方法をご紹介しましょう。Androidスマホ限定です。あしからず。^^

迷惑広告の例

以下の写真をご覧ください。
右肩に「i」と書かれた部分が迷惑広告です。

この例は、私のAndroidスマホに標準装備されたブラウザでBloombergを見ているのですが、ひとつの記事の中に大量の広告が差し込まれてしまいます。読みにくいったらありゃしない。

ネット上の広告は、閲覧者がクリックをすることで手数料が入るので、クリックしてもらいやすい位置に表示されます。

なので、スクロールするつもりで画面をタッチしたら、広告サイトに飛んでしまったなんてこともよくありますよね。なんともわずらわしいし、パケ代も発生して困ります。

迷惑広告を送りつけてくる犯人は誰?

これらの広告を送りつけてくる犯人はGoogleさんです。
Googleが把握している私のプライベート情報をもとに、勝手に送りつけてくるのです。

50代の私にはやたらと「抜け毛」とか「加齢臭」に関する広告が表示されます。
「余計なお世話だ! いい加減にしろ!」と叫びたくなりますよね。^^

でも、いつも大変お世話になっているGoogle先生は広告収入で成り立っています。ある程度は我慢しなければなりません。ですが、やはり度を越える広告は勘弁してほしいものです。

設定で広告を完全にブロックする方法はない

そもそも迷惑広告を受け取らない設定ってあるのでしょうか?

答えは・・・ありません!

詳しくは省略しますが、この広告自体が合法なので消すことができないのです。

「無料広告ブロッカーブラウザ」が最も有効

では、どうやって対抗したらいいか?

androidの設定、ブラウザの設定やアドオン、その他の関連しそうな設定・・・
散々試してたどり着いた結論は、使用するブラウザを「無料広告ブロッカーブラウザ」に変えてしまうのがベストだということ。

ネットを閲覧するときに使用するブラウザと言えば、Chrome、Firefox、Operaなど、いろいろありますが、迷惑広告をきれいにブロックすることはできません。

そこで試してみたのが「無料広告ブロッカーブラウザ」 です。
聞いたこともない名前なので、ほんとに大丈夫かなぁと思いましたが、3ヵ月以上使ってみて、まったく問題ありません。わずらわしい迷惑広告を見事にブロックしてくれます。

入手方法

通常どおり「Playストア」で検索してダウンロードしてください。
キーワードは「無料広告ブロッカーブラウザ」。

設定は初期値のままでOKですが、念のために、確かに広告をブロックする設定になっているかどうかを確認しておきましょう。

使い勝手はChromeとほぼ同じなので簡単です。

ビフォー&アフター

左の写真はスマホ標準のブラウザによる表示。
右は「無料広告ブロッカーブラウザ」を使用した結果です。

ご覧のとおり、左の写真のわずらわしい広告が、右側ではみごとに消えました。
めでたし、めでたし。^^

まとめ

いつの間にかスマホ画面を占拠するようになった迷惑広告。残念ながら設定でブロックする方法はありません。

最も手っ取り早くて有効な方法は「無料広告ブロッカーブラウザ」を使用することです。
わずらわしい広告が表示されなくなるので、画面がとてもスッキリしますよ。^^

他のブラウザもいろいろと試しましたが、この「無料広告ブロッカーブラウザ」が一番安定していて、使い勝手も良好です。
利用者の評価も4.6(5点満点)なので、かなり良い部類でしょう。

ただし、リスクもあります。
大手のブラウザではないので、セキュリティーが将来にわたって万全である保証がないのです。
そこのところは良くご理解のうえ、使用してくださいね。