ホテル代が割安なことで有名なクアラルンプールでの6連泊。
ル・メリディアンウェスティンに2泊ずつしたあとは、ルネッサンス・クアラルンプール・ホテルにやってきました。

クアラルンプールのシンボルともいえるKLタワー、ペトロナスツインタワーのちょうど中間地点に位置していて、どちらに行くにも便利な立地です。
ただし、ル・メリディアンやウェスティンと違って、ホテルのまわりには何もありません。
そのかわりに料金は他の2つに比べて低めです。

この記事ではルネッサンス・クアラルンプール・ホテルにおける、アップグレード、ラウンジ、朝食などのプラチナ特典を詳細にレポートします。

ルネッサンス・クアラルンプール・ホテル
アップグレード★☆☆☆☆
お部屋★★☆☆☆
スタッフ★★★☆☆
ラウンジの雰囲気★★★★☆
ラウンジ飲食(昼)★★★★☆
ラウンジ飲食(夜)★★★★★
朝食★★★★☆
プール★★★★☆
大浴場なし
温泉なし
大人おすすめ度★★★☆☆
子連れおすすめ度★★☆☆☆

アップグレード

1階のフロントでチェックインしました。
クラブフロアのKLタワーが見える側、少し大きめの部屋に通されたのでラッキーと思ったのですが、部屋を開けた瞬間タバコの匂いが・・・

フロントで禁煙ルームであることを確認したにもかかわらず、喫煙ルームに案内されてしまったのです。これではたまりませんから変更をお願いしました。

あらためて通された部屋は低層階のごく普通の部屋で、眺望もKLタワーとは反対側。目の前は他のコンドミニアムです。
良い部屋を見せられた直後だったので、とても残念でした。
ま、支払った料金相応の部屋なので文句は言えませんが。

他のホテルなら不手際のあとはそれなりの配慮があるものですけどね。何も言わなかった私がいけないのかな?

お部屋

スタンダードルームですが、決して悪いわけではありません。
十分な広さで内装もきれいです。湯船もあれば、お湯もしっかり出ます。
ウェルカムフルーツもおいてありました。
特に大きなソファーが重宝しました。

夜、エアコンが急にうるさくなったので、玄関の天井部にある吸気口を下からのぞき込んでいたら、なんと天井に取り付けられていた30cm×60cmくらいの鉄板が落ちてきました。とっさによけたので事なきを得ましたが、決して軽いものではないので、運が悪ければ大けがをするところでした。

クローゼットの建付けが悪かったのも残念。
建物はリノベーション中でしたが、日々の点検もしっかり行ってほしいものですね。

スタッフ

フロントのスタッフはベテランっぽい男性でした。喫煙と禁煙を間違えるという凡ミスを犯したにもかかわらず、悪びれた様子はなく謝りもしません。

他のフロントスタッフも手続きをしながらの私語が絶えず、これではミスが発生して当たり前でしょう。再教育が必須だと思いました。

ラウンジ、レストラン、清掃スタッフなど、その他のスタッフは他のホテルと同様、常に朗らかでしっかりと仕事をしていたので、全く問題なしです。

ラウンジの雰囲気

クラブラウンジは決して広くはないですが、十分なスペースがあり、雰囲気もまずまずです。
高層階で目の前にKLタワーが見られるので、特に夜の雰囲気がいい感じです。

昼間の気温がかなり高いので、あまり外を歩き回ることはせずラウンジで過ごしましたが、ガラガラなのでとても仕事がはかどりました。スタッフが頻繁に清掃を行っていて、適度にこちらを気にかけてくれるのも居心地よく感じた要因だと思います。

ラウンジ飲食(昼)

コーヒー、紅茶、ソフトドリンクは十分な品ぞろえです。
プチケーキ、クッキー、ナッツ、ヨーグルト、チョコ、フルーツ、サンドイッチ、シリアル、野菜なども常時おいてありました。

コーヒーマシンを自分で操作しようとしていたら、毎度スタッフがかけよってきて「お作りして席にお持ちしますよ」と言ってくれました。その際にちょっとした世間話も。私がいつも一人で黙々と仕事をしていたので、息抜きにと声をかけてくれたのでしょう。こういう気配りはとてもうれしいものですよね。

ラウンジ飲食(夜)

前菜からデザートまで、品数豊富でとても充実しています。

オープンキッチンがあって、目の前でマレーシア料理を作ってくれます。今日はラウンジでの食事は軽めにして、外で本格マレーシア料理を・・・と思っていたのですが、外に出る必要がまったく無くなってしまいました。

混雑もありません。食後は目の前のKLタワーを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

朝食

朝食は1階のレストランかラウンジを選択できます。
レストランを選びましたが、大陸系の方がとても騒々しかったので、ラウンジにしておけばよかったかなーと思いました。

ですが、食事の充実度はレストランの方が断然上。何でもあります。
スタッフも笑顔でテキパキと働いていました。

ルネッサンスでもインドカレーが充実しています。インド人シェフが作るのでお味も良好。今日も朝からお腹いっぱいです。

プール

建物が茶色で少し古びた感じがするからでしょうか、昼間のプールはビルに囲まれてイマイチです。
が、日没後はライティング効果もあって、とっても素敵な雰囲気になります。

夜の街歩きでいっぱい汗をかいて、帰ってきたらそのままプールにドボン。
ひと泳ぎしたらフカフカのタオルで体をふいて、デッキチェアでカクテルタイム。
最高に気持ちいいですよ ♬

ルネッサンス・クアラルンプール・ホテル

まとめ

Bukit Nanas駅の目の前にあるルネッサンス・クアラルンプール・ホテルは、KLタワーとペトロナスツインタワーの中間に位置しているので、どちらに行くにもたいへん便利です。

ですが、まわりには何もありません。
大きなショッピングセンターはペトロナスツインタワー界隈まで歩くことになります。とは言っても15分くらいですが。

チャイナタウン方面へは徒歩5分くらいのところにDang Wangi駅があって、Pasar Seni駅までは2駅です。

建物が古くなっているようで、西館は改修工事中でした。

ラウンジは眺めもよく、特にイブニングタイムは食べ物も充実していて快適です。
夜のプールの雰囲気も素敵なので、観光やお仕事とホテルライフをうまく組み合わせると良いと思います。

ル・メリディアンウェスティンに比べると、全体のクオリティーは少々落ちますが、そのぶん宿泊代が安いので、お好みに合わせて選択すれば良いと思います。

この記事がみなさんの選択の参考になれば幸いです。

ポコ
ポコ

今回、クアラルンプールのホテルに6連泊しましたが、一泊あたりの費用は8,000円~10,000円でした。うわさには聞いていたものの、クアラルンプールのコスパはアジア最強じゃないでしょうか。

マリオットのプラチナチャレンジをしている方や、プラチナ維持のために50泊しなければならない方にとっても、たいへん貴重な存在だと思います。

クアラルンプールを起点にして、ペナン島やランカウイ島などのリゾートを訪問してみるのも良いかもしれませんね。